パーキンソン病ナレッジトップ > その他パーキンソン病若年性パーキンソン病とは?

若年性パーキンソン病とは?

パーキンソン病は一般には中高年以降、特に高齢者に発症しやすい難病として知られていますが、この病気は若い人にも発症する可能性があります。
これは若年性パーキンソン病と呼ばれ、40歳以下の若い人に発症します。
患者全体の1割程度が相当し、その中には10代も存在します。
若年性の特徴として、兄弟や姉妹に患者がいるケースが多いとも言われています。

若年性パーキンソン病の原因

高齢者の患者の場合、発症の原因は加齢、ストレス、生活環境、食生活など様々なことが複合的に関与していると考えられています。
一方、若年性パーキンソン病の場合には、遺伝子が大きく関与していることが解明されており、両親や兄弟にも遺伝子異常があるケースが多いのです。
血縁関係が深い間での婚姻によっても遺伝子の異常が起こって発症する確率が高くなります。

若年性パーキンソン病の特徴

若年性パーキンソン病の患者の特徴は、進行がとてもゆっくりであること、薬の効果か通常のパーキンソン病患者よりも長く続くことです。
また、良質な睡眠をとることで薬の効果も向上します。
専門医や主治医の診断を仰ぐことで、生活での不便を軽減することが可能です。

発症時には筋肉の硬直や収縮で勝手に手足が震えたり、動いたり、または幻覚を見ることもありますがこれらは自立神経症などの他の病気の可能性も否定できませんので、体の異変があれば早期に医師の診断を受けることが必要です。

スポンサードリンク

パーキンソン病について

PICK UP!

  • パーキンソン病と似た症状がみられる病気
  • 症状の進行度分類
〈管理人プロフィール〉

私の祖母はパーキンソン病で、体を動かすことができなくなって寝たきりの状態まで進行してしまいました。でも、今は症状を改善できる治療もあり、病気と共存しながら生活を送れるようになりました。

このサイトは病気に悩む多くの方、そして、ご家族の方へ向けてパーキンソン病の症状や治療について分かりやすく解説したものです。少しでもお役にたてればと思っております。


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。