パーキンソン病ナレッジ -症状や治療のことなど-

-パーキンソン病の症状や治療について解説-

年々増えつつあるパーキンソン病

パーキンソン病関連疾患における特定疾患医療受給者証交付件数の推移

パーキンソン病は脳の「黒質」といわれる部分の細胞が死滅することによっておこる病気です。50代~60代で発症することが多いため、高齢化社会の現在では患者数が増えつつある病気となっています。昔は寝たきりになることもありましたが、今は症状を改善できる治療もあり、病気と共存しながら生活を送っている方もいます。

どんな症状があり、治療法があるのかなど、ここではパーキンソン病のことを詳しく調べています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーキンソン病について知る

<パーキンソン病とは?>

脳の黒質という組織が破壊されることによって、運動系統がうまく働かなくなる病気

50代~60代の発症が多いが、若い20代の方でもパーキンソン病を引き起こすことも。
若年性パーキンソン病

パーキンソン病の原因や仕組み・症状についてはこちら
パーキンソン病について詳しく

<黒質がカギ!>

黒質が破壊されると…運動機能への指令に異常!→ふるえ・こわばりなどの症状

パーキンソン病の症状について

神経内科やパーキンソン病の専門医で診てもらう

パーキンソン病の主な検査の流れ:問診・神経学的な診察(症状のチェック)→疑いがある場合…画像診断(CT/MRI/SPECT)・血液検査・尿検査など パーキンソン病かどうか診断!!
<どこで診てもらう?>
脳外科でも可能ですが、神経内科のほうがパーキンソン病について的確に診断できます。
パーキンソン病の専門医で診てもらいましょう。
<検査について>
検査は左のような流れで行われます。同じような症状を持つ病気がたくさんあるため、しっかり見極めるため、様々な検査が行われます。

パーキンソン病の検査

治療や日常生活のこと

<治療について>
パーキンソン病の治療は基本的に薬物療法です。薬物療法で完治させることはできませんが、優秀な抗パーキンソン病薬によって普通の人と変わらない生活を送れるようになりました。ただ、症状が進行している場合は手術を行うこともあります。

治療について

<リハビリテーションについて>
症状の改善や運動機能を維持するためにも、意識的に体を動かすリハビリはとても大切になります。そのため症状の初期から積極的に取り入れていくことがパーキンソン病との共存生活には欠かせません。

リハビリテーションについて

<日常生活について>
パーキンソン病になると治療生活は生涯に渡ります。そこで日常生活で気を付けたいことや、暮らしをよりよくするための福祉サービスをご紹介します。様々な制度を利用することで安心して暮らしていけるように考えましょう。

日常生活について

PICK UP!

パーキンソン病の症状と似た病気

パーキンソン病によく見られる症状のことをパーキソニズムと呼びます。ここではパーキンソン病ではないけど、パーキソニズムが見られる病気について一つ一つご紹介します。

>>詳細はこちら

症状の進行度分類

パーキンソン病の進行度合いを分類する方法としてヤール重症度分類があります。これはステージⅠ~Ⅴの5つに分類されています。各ステージの特徴をここではご紹介します。

>>詳細はこちら